サンダーV(4号機)の打ち方

機種概要

  • メーシーが1997年に発売した台。
  • 通常時の子役回収打法やBIG中のリプレイ外しなど、技術介入性が高い台。
  • 3連絵柄・通常時のフラッシュ演出・予告音などを初めて採用し、後のパチスロ台に様々な影響を与えた。

 

ボーナス確率

設定 BIG REG 機械割(※)
1 約1/293 約1/431 99%
2 約1/273 102%
3 約1/260 約1/400 106%
4 約1/248 約1/372 109%
5 約1/245 約1/303 113%
6 約1/241 約1/256 117%

※フル攻略時

 

リール配列

画像出典元:hange

 

通常時の打ち方

左リール枠上単独V図柄狙い・枠上赤7狙いなど。

スイカ出現時は中・右リールにスイカを狙う。

ポイント
  • 左リールは丁寧な目押しが必要です。
  • 赤7狙い時はBAR図柄を上段に押してしまうとスイカを取りこぼし(上段にBARがビタ停止)、赤7を中段に押してしまうと中段チェリーを取りこぼしてしまいます。
  • 単独V図柄狙い時は、上段に単独V図柄を押してしまうとスイカを取りこぼしてしまいます(上段に単独V図柄がビタ停止)。

 

ボーナス中の打ち方

BIG中の打ち方

  1. メイン子役はベル揃いの10枚役。
  2.  リプレイ外しは、中右フリー打ち後、リプレイテンパイラインに3連V下ベル・単V下ベル・BAR下ベルのいずれかをビタ押し。
    この場合は上段に上記いずれかのベルをビタ押し。
    この場合は中段に上記いずれかのベルをビタ押し。
  3. 中右フリー打ちでベルテンパイ時は、左リールの目押しをしないと10枚役を取りこぼします。
    上段ベルテンパイ⇒3連Vを下段らへんに狙う。
    中段ベルテンパイ⇒3連Vを枠下付近に目押し
    下段ベルテンパイ⇒3連V下のベルを左リール枠内に目押し

 

ポイント
  • 低確率ですが、スイカ・チェリーも発生します。
  • 設定によりベル確率・ハズレ確率が異なります。
  • JACイン1・2回目までは左から打って消化、3回目のJACインは残り8ゲーム位まで中・右から押してリプレイ外しをするのがベストです。目押し技術に自信がない方は、1・2回めのJACインから保険外しをするなど、自分なりの打ち方を見つけてみてください。

REG中の打ち方

全リールフリーでOKです。

備忘録

当時は図柄やボーナス中のBGMがとにかくかっこいいと思った一台です。

予告音とリール消灯などで狙い所を変えたり、と飽きのこないゲーム性でシンプルながらも面白い台です。

当時はモー○ングを入れている店も多く、朝一1G目に予告音がなるだけで「勝ったっ!!」と脳汁ぶっしゃーからのただの外れ、といった思い出がたくさんあります。

ノスタルジアではモーニ○グは入れていませんが、毎日脳汁ポイントをたくさん味わえる設定6でお客様をお待ちしております!

⇒当店へのアクセス方法はこちら
⇒当店のルールや遊技台予約はこちら

おすすめの記事