機種概要

  • アルゼが1998年に発売した台。
  • 通常時の子役回収打法やBIG中のリプレイ外しなど、技術介入性が高い台。
  • A-400タイプ

 

ボーナス確率

設定 BIG REG 機械割(※)
1 約1/289 約1/420 100%
2 約1/277 103%
3 約1/264 106%
4 約1/252 108%
5 約1/244 約1/390 112%
6 約1/240 約1/374 114%

※フル攻略時

 

リール配列

 

通常時の打ち方

基本は赤7下のHANABI図柄を上段に狙い、挟み撃ち。氷テンパイ時は中リールに氷を狙う。

成立役:風鈴・リプレイ・氷・ボーナス

右リール適当押し、氷テンパイ時は中リールに氷を狙う。

成立役:風鈴・氷・ボーナス・チェリーの取りこぼし

右リール適当押し、氷テンパイ時は中リールに氷を狙う。(氷の引き込みシビアなので慎重に狙ってください。)

成立役:チェリー・ボーナス(成立後)

中・右リール適当押しでOK

ポイント
右リールの【HANABI】図柄は氷図柄の代用としても機能しています。

 

ボーナス中の打ち方

BIG中の打ち方

  1. メイン子役は風鈴(10枚役)と氷(15枚役)。1・2回目のJACINまでは通常時同様小役狙いをして消化する。
  2. 3回目の小役ゲームは、リプレイ外し時は右リール適当押し後、氷図柄が停止時は中リールは丁寧に氷を目押し、停止目によって左リールを打ち分ける。
    左リール下段らへんに赤七を目押しして風鈴をフォロー
    上段・中段に風鈴がテンパイした時は3連ドンを遅めに目押し
    氷テンパイ時は3連ドンちゃんを遅めに目押しして氷をフォロー
    リプレイ中段テンパイ時はJACIN。リプレイ外しは、枠上~上段にHANABIを狙う。

 

ポイント
  • 低確率ですがチェリーも出現します。
  • JACイン1・2回目までは左から打って消化、3回目のJACインは残り8ゲーム位まで中・右から押してリプレイ外しをするのがベストです。目押し技術に自信がない方は、1・2回めのJACインから保険外しをするなど、自分なりの打ち方を見つけてみてください。

 

REG中の打ち方

全リールフリーでOKです。

 

減算値と小役確率

減算値

設定1~4:97
設定5:100
設定6:102

小役確率

小役低確率状態 小役高確率状態
中段チェリー(2枚) 1/8.192 1/6.543
角チェリー(4枚) 1/240.941
風鈴(10枚) 1/72.176 1/7.926
氷(15枚) 1/71.235 1/25.014

減算値判別

判別ゲーム数で風鈴or氷が15%以上なら設定5以上濃厚・5%以下なら設定4以下濃厚。

  1. BIG終了後クレジットを落とす
  2. コインを32枚投入(クレジットの表示は29)
  3. 1プレイ消化
  4. コインを9枚手持ちする
  5. 「手持ちコインから2枚入れ+1枚クレジットBET」で4プレイ消化。「手持ちコインから1枚入れ+2枚クレジットBET」で1プレイ消化。
  6. コインを11枚手持ちする
  7. 「手持ちコインから2枚入れ+1枚クレジットBET」で5プレイ消化。「手持ちコインから1枚入れ+2枚クレジットBET」で1プレイ消化。
  8. 上記⑥・⑦の手順を繰り返す
  9. 24ゲーム以降、回したときにクレジット表示が30の時が判別プレイ。
ポイント
  • リプレイが揃ったゲームはプレイ数に含めません。
  • REGは15枚役扱いです。
  • ハナビの小役カウンタのリセットタイミングは、BIG終了後・設定変更後です。

 

おすすめの記事